絶望ノオト

ゆっくりと確実に、世界は終わっていく。

フリクションの芯をユニボールシグノで使えるようにしたのでメモを。

フリクションボールペンを良く使うのだけれどボディがいまいち好きになれない。

いろいろ手持ちをあさって合いそうなのがユニボールシグノだった。

でもこのままだと芯が入らないのでニコイチにしてみる。※ドリルで穴を広げるので現状復帰は不可です。

 

f:id:zetubow:20170919215249j:image

用意したもの。

 パイロット フリクションボールペン

 ユニボールシグノ

 ピンデバイス(ハンドドリル)

 

f:id:zetubow:20170919215308j:image

f:id:zetubow:20170919215432j:image

フリクションをバラしてばねをはずす。

ばねは引っ張りだすより小さい穴のほうから爪楊枝かなにかで押し出した方が良さげ。

f:id:zetubow:20170919215320j:image

f:id:zetubow:20170919215518j:image

シグノも同様にバネを押し出してはずす。

f:id:zetubow:20170919215614j:image 

このままだとシグノのボディにフリクションの芯は入らない。穴が小さいのででてこない。

f:id:zetubow:20170919215632j:image

そこでピンバイスでほんの少しだけ穴を広げる。(ニードルヤスリの径は不明。2.0mmくらいかな)

f:id:zetubow:20170919215644j:imagef:id:zetubow:20170919215655j:image

先端からドリドリ。

f:id:zetubow:20170919215715j:image

ちゃんと出てくるようになる。

f:id:zetubow:20170919215726j:image

組み立てる。

芯とばねはフリクション、ボディはシグノより拝借。

f:id:zetubow:20170919215745j:image

シグノは持ち手のゴムが先端部までついてるのでフリクションインクも消せるけどあんまり使い勝手は良くない。

 

終わり。